借地借家法のルール


借地権は、土地の使用を地主に認めてもらった上で、契約した土地の契約期間、建物などを所有するための権利です。借地権は借地借家法によって、発生する権利の内容や契約期間などが変わってくるので、借地借家法について把握していないと、後々困ったことになります。正しくルールを理解するためにも、前もって借地借家法について知っておきましょう。

借地借家法は、建物の所有を目的とする土地の貸借契約を対象とする法律です。借地借家法によって、建物を所有する権利は認められ、土地の所有者側も契約満了とともに、どのように行動するかあらかじめ決定することが出来たりと、様々な目的で使われ続けるといいます。借地借家法は旧借地法の内容に変更を加えたもので、例えば契約期間は建物の種類を問わず原則30年になっており、建物の使用目的に応じて契約内容が変化する場合もあります。場合によっては、契約期間後の更新手続きが行えないこともあるので、長期に亘って契約を結ぼうと考えている方は注意が必要です。

借地借家法のルールが適用されるのは、平成4年7月以降とされています。それ以前の場合は、旧借地法が適用され、借地借家法とは別のルールの下で建物が管理されることとなります。いずれにしろ、使用する条件によって細かいルールが変わるので、いまひとつ借地借家法を理解できない方は、本格的に知識を得るためにも、法律相談事務所など、専門家がいるところで、現在所有している借地権や、これから先得る借地権について学んでおきましょう。


借地借家法の区分


借地権は、土地を借りて建てられた建物を所有する権利です。土地を借りて建物を建てる場合は、借地権についての契約を結ぶことになりますが、その際の契約内容は、借地借家法に基づいた内容となります。借地借家法では、借地権の内容をいくつかの区分に分けており、建物の利用目的に応じて契約内容も変わります。不動産を購入したり、新しいビジネスを始めたいときや、借地借家法について調べておきましょう。

借地借家法では、利用目的農事手借地権を区分わけしています。一般的な戸建住宅やアパート、工場施設などを借りる場合は普通借地権、住宅や戸建マンションを建て、契約満了後に土地を元に戻す契約を定期借地権、事業用に土地を使用する場合は、決まった契約期間後に更地にして返却する事業用定期借地権など、状況に応じて借地権を使い分けて、問題なく土地を返却したり、更新して再び使えるように交渉できるようにしています。

借地権は時代とともに変化しており、借地借家法が適用されたことで、今まで以上に円滑に手続きを済ませるようになったといいます。新たに土地を所有するお金がない場合も、借地権を合わせて販売している住宅を購入すれば、費用を抑えつつ自宅や店舗を得ることが出来ます。もちろん契約内容は契約を結ぶ土地の所有者によって異なるので、きちんと調査や話し合いを行ったうえで用意しいましょう。


借地権と借地借家権


土地を所有している場合、建物を建てる条件を提供することで収入を得ることが出来ます。このとき建物を建てた側は、建物の所有権と土地の使用権を得ることが出来るのですが、この権利を借地権といい、法律で決められた取り決めの元で、土地を使用し続けることが出来ます。借地権に関する法律は平成4年に変更されており、現在は借地借家法の下で管理することになっています。借地借家法の下では、どのような形で建物や土地が管理されるのでしょうか。

借地借家法では、建物の所有権が決められた契約期間の元で決められています。建物の種類や使用目的に応じて契約期間は変わりますが、一般的な借地の場合は初回の契約が30年で、それ以降は更新が必要となります。さらに区分に応じて、契約期間満了と同時に土地を更地にする契約があったり、ビジネスで土地を使用したい場合は、契約満了後に土地の所有者が建物を買い取ったりと、様々な種類の借地権が存在します。

借地借家法が適用されるのは平成4年7月31日以降に契約した土地なので、現在新たに土地を借地権の元で使用する場合は、借地借家法に準じて権利が発生することになります。以前の法律は土地の所有者に不利な点があるなど、不便なことが多かったのですが、借地借家法はそうした問題が改善されているので、大きなトラブルが起きることは減っています。とはいえ遺産相続などで、状況を把握できていない土地や建物を相続することもありえるので、身内にそうした建物や土地があるという方は、前もって借地借家法について調べておいたほうが良いかもしれません。