借地借家法の区分


借地権は、土地を借りて建てられた建物を所有する権利です。土地を借りて建物を建てる場合は、借地権についての契約を結ぶことになりますが、その際の契約内容は、借地借家法に基づいた内容となります。借地借家法では、借地権の内容をいくつかの区分に分けており、建物の利用目的に応じて契約内容も変わります。不動産を購入したり、新しいビジネスを始めたいときや、借地借家法について調べておきましょう。

借地借家法では、利用目的農事手借地権を区分わけしています。一般的な戸建住宅やアパート、工場施設などを借りる場合は普通借地権、住宅や戸建マンションを建て、契約満了後に土地を元に戻す契約を定期借地権、事業用に土地を使用する場合は、決まった契約期間後に更地にして返却する事業用定期借地権など、状況に応じて借地権を使い分けて、問題なく土地を返却したり、更新して再び使えるように交渉できるようにしています。

借地権は時代とともに変化しており、借地借家法が適用されたことで、今まで以上に円滑に手続きを済ませるようになったといいます。新たに土地を所有するお金がない場合も、借地権を合わせて販売している住宅を購入すれば、費用を抑えつつ自宅や店舗を得ることが出来ます。もちろん契約内容は契約を結ぶ土地の所有者によって異なるので、きちんと調査や話し合いを行ったうえで用意しいましょう。