借地借家法のルール


借地権は、土地の使用を地主に認めてもらった上で、契約した土地の契約期間、建物などを所有するための権利です。借地権は借地借家法によって、発生する権利の内容や契約期間などが変わってくるので、借地借家法について把握していないと、後々困ったことになります。正しくルールを理解するためにも、前もって借地借家法について知っておきましょう。

借地借家法は、建物の所有を目的とする土地の貸借契約を対象とする法律です。借地借家法によって、建物を所有する権利は認められ、土地の所有者側も契約満了とともに、どのように行動するかあらかじめ決定することが出来たりと、様々な目的で使われ続けるといいます。借地借家法は旧借地法の内容に変更を加えたもので、例えば契約期間は建物の種類を問わず原則30年になっており、建物の使用目的に応じて契約内容が変化する場合もあります。場合によっては、契約期間後の更新手続きが行えないこともあるので、長期に亘って契約を結ぼうと考えている方は注意が必要です。

借地借家法のルールが適用されるのは、平成4年7月以降とされています。それ以前の場合は、旧借地法が適用され、借地借家法とは別のルールの下で建物が管理されることとなります。いずれにしろ、使用する条件によって細かいルールが変わるので、いまひとつ借地借家法を理解できない方は、本格的に知識を得るためにも、法律相談事務所など、専門家がいるところで、現在所有している借地権や、これから先得る借地権について学んでおきましょう。